analysis-680572_1920

FIPパートナーズのファンドは投資金額以上の損失を被ることはある?

Posted by

日本経済はアベノミクスの効果により、給料が少しずつ上がっていたり、雇用が増えているなどの傾向が見受けられます。しかし日本経済は、日本国内だけで成り立っているのではなく、すでに世界経済の中に組み込まれているため、外部からの影響を受けやすい状態になっています。日本円は世界的に見ても安全資産としてみなされているので、日本経済が先行き不透明だとはいえません。ただ世界的に見ると、世界経済は内紛やテロなどの影響を受けやすいので、先行き不透明感があります。

色々な障害があっても、将来のための資産を築いておくと、万が一の時にも役立ちます。そのためには国に頼るのではなく、個人単位で自己防衛をしておく必要があります。ただ働いていても給料だけでは将来が不安になることがあります。そんなときは、給料の他に収入が得られるような方法を見出しておくことが大切です。

外国では給料の他に投資をすることが盛んになっていて、投資をして配当金だけで生活をしているセレブも少なくありません。日本では以前は投資をする人は一部だけでしたが、さいきんではNISAが導入されたことによって学生や主婦でも積極的な投資をすることが増えています。実際、投資をすることによってお金が様々な場所に流れることから経済の活性化にも役立つとされています。様々な投資方法がありますが、投資の初心者にも安心して行えるのが、FIPパートナーズのファンドです。

FIPパートナーズでは、10万円からファンドを購入して投資を始められると言う手軽さが人気になっています。しかも投資金額に応じて、毎月分配金が支払われる予定なので、給料以外の第2の収入として余裕のある生活をすることが期待できます。ただ投資というのは配当金が得られるなどメリットがありますが、様々な原因でFIPパートナーズが出資者から集めた資金の運用がうまくいかないことも考えられます。そんなときは投資金額に対して分配されるはずだった配当金を得ることができなかったり、投資金額が元本割れという損失を被ることがあります。

ただ、投資金額に欠損が生じることがあっても、投資金額以上の損失を被ることはありませんから、もしFIPパートナーズの運用がうまくいかなかったときは最悪の場合、出資した金額だけが取り戻すことができないということになります。そのため投資をするときは、生活をするために必要なお金ではなく、余剰金で運用することが肝心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です