internet-2224603_1280

FIPパートナーズのファンドの説明や広告等はどのように行われている?

投稿者:

FIPパートナーズの投資ファンドは韓国の貸付業を営む会社に投資していますが、円建てでファンドを購入し、分配金も日本円で受け取ることができるのが魅力になっています。また1口10万円に設定されていて、1口からファンドを購入することができるという手軽さが、投資初心者にも好評になっています。ファンドは、購入した口数によって分配金を受け取ることになっていますが、その分配金は毎月受け取る予定となっているので、資産運用をしているという実感を得ることができます。しかもファンドの目標利回りは、4~7%と高い利回りを設定しているので、銀行預金に預けているよりも優れた資産運用を行うことが期待できます。

FIPパートナーズについて詳しく説明を受けたいときは、電話やメール、もしくはFIPパートナーズのホームページから資料を請求することができます。資料の中にはファンドに関する仕組みや融資先などが詳細に書かれており、その他に申込書類なども含まれています。FIPパートナーズでは広告としてホームページなどのメディアにも取り扱っている金融商品の説明を掲載しています。ホームページでは、集めたお金の融資先や、これまでの利回りの実績を表にして掲載しています。分配金のイメージが図案で示されていますから、出資者に対してわかりやすくなっています。

ホームページでの広告は、わかりやすく説明することを重要視しており、広告審査担当者が確認して誤解を招くような表現がないかチェックしています。そしてホームページで広告を載せている他に、訪問や電話による勧誘を行っています。訪問や電話によって説明を行うときは、お客様のご迷惑にならないように、場所と時間などを配慮して行っているので安心です。FIPパートナーズでは社員教育と研修を充実させることを重要視していて、適正な勧誘を行うことを徹底しています。そのため説明を行うときには、金融商品の内容や仕組みだけでなく、リスクなどについても包み隠さずに話をしてくれます。

金融商品という特性上、クーリングオフが適用されないことや、中途解約ができないこともあらかじめ話してくれるので、自分で十分に検討してから決断をすることができます。強引な勧誘はもちろん、決断までの時間を急がせるということもありません。これからの時代は経済面でも先行き不透明な時代が続くことが予想できますから、国などに頼るのではなく、普段から自己防衛として資産運用をすることが求められています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です