mny0029-001

FIPパートナーズのファンドはクーリングオフや途中解約はできる?

Posted by

20代の頃は稼いだお金を自分のために使うことができますが、30代~40代になると結婚をして家庭を持つ人も多くなるので、家族のために給料を使うようになります。そして50代になると教育費もひと段落し、さらに老後が目の前に迫ってくることから、老後資金について考えるようになります。このように年代において、お金に対する認識や価値観は異なっていますが、共通しているのは、お金は多ければ多いほど安心感があるということです。

20代の頃はお金に余裕があれば、欲しいものを好きなだけ購入したいと考えますし、30~40代の頃は子どもが望む習い事をさえてあげたい、住宅や車を購入したいと考えます。そして50代以降になると、これから迎える老後を、潤いのあるものにしたいと考えます。

お金はないよりもあったほうがいいですし、万が一、途中で体調を崩してしまう可能性のことを考えると、普段から貯金をしておくことは必要です。ただ、子育て中やローンの支払いがある時期は、貯金をしたくても現実的には不可能だということが少なくありません。人生において、お金を貯められる時期と貯められない時期があり、それにうまく付き合って工夫をしていくことが必要になります。誰も自分の人生を肩代わりしてくれませんから、自己防衛として資産を増やすための知識を身に着けることが大事です。20年前と比べて、日本でも株式投資や不動産投資、金投資などに興味を持つ人が増えており、銀行に預けるのではなく投資をして配当金を得たり、資産そのものの価値を高めたいと考える人が増えています。

FIPパートナーズでは、投資をしたいけれど初心者なので不安だと言う人のために、10万円からはじめられる手軽なファンドを用意しています。投資金額に応じて、毎月分配金を受け取ることができる予定になっているので、資産運用をしているという実感を得ることができます。償還までは2年と3年、5年という3つのコースから選ぶことができるので、自分に合った投資を選ぶことができます。

FIPパートナーズのファンドは韓国の会社に融資していますので、融資した貸付業者は韓国ウォンで中小企業等に貸付をしていますが、投資をするときは日本円で行うことができます。ただファンドは商品の特性上、クーリングオフや途中解約はできないことになっていますから、投資をするときは慎重に判断をすることが必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です